8月のラジオ   

文筆家・松浦弥太郎さん初監督のドキュメンタリー映画「場所はいつも旅先だった」(2020年公開予定)。

 

今月は、映画プロデューサーの石原弘之さんと、今作で撮影を担当された写真家の七咲友梨さんをゲストにお迎えします。




◆ 8月10日(土) 配信  約40分
ロバート・ハリス × 映画プロデューサー 石原弘之

 

◆ 8月24日(土) 配信 約30分
ロバート・ハリス × 写真家 七咲友梨


  

前半の10分は、会員以外の方も含めてどなたでも無料で ↓こちらからご覧頂けます


< 目次 >

( 全編 約40分 )

・文筆家 松浦弥太郎さん初監督のドキュメンタリー映画『場所はいつも旅先だった』(2020年公開予定)について

 

・この映画が企画された経緯

 

・ショートストーリーのような物語性のあるエッセイ本「場所はいつも旅先だった」をどのようにドキュメント映画にしたのか?

 

・映画は "ひとり旅" の旅人の目線で撮られている

 

・松浦弥太郎さんの一風変わった旅先での過ごし方を元に、早朝と深夜にのみカメラを回した

 └ 昼間はホテルの部屋から一歩も出ず、早朝と深夜にのみ街に繰り出す。

 

・21日間で 世界5カ国6都市を回って撮影。「 撮影は大変でしたか? 」

 

・現地ではどのように撮影を行ったか?

 

・「 映画づくりを通じて松浦弥太郎さんの人となりも見えてきましたか? 」

・物へのこだわり、人へのこだわり

 

・※ 蛇足 ※
「 石原さん、お酒を飲まないでどうやって女性を口説いているんですか? 」

 

・「 映画づくりは部屋と似ていると思うんです 」

 

・海外での "対話" の話

 

・日本は世代間の対話のなさが目立つように思う

 

・海外は、若者やよそ者が話しかけても受け入れてくれる。それに比べると日本はどこか閉じてるところがある?

 


  

前半の全編をご視聴希望の場合は、「入会する」のボタンよりお進み下さい。月額980円(税別)。ご入会頂くと過去一年分の配信内容もご視聴可能です。